84

NEWS

2022.03.12

BOOK【Episode 3】

【前回までのお話~previously~】

ランニングをはじめてから日々の食事が

とても美味しく感じるようになりました。

運動不足だったんだなと実感してから、

他の人はどうだったんだろう、ケガせず

無理なく続ける秘訣を探し始めました。

 

【読んでいた本】

 

(H)そうだね。走るのだけはいやだとあれほど言っていたYさんが

   走るようになったのは、無理せず自然な流れだったもんね。

 

(Y)あと、(H)さんの優しい励まし。

   決して叱咤しなかったのが汗と涙と根性から遠くて有り難かった。

   だから驚いてくれるリアクションが嬉しくて、内緒で長く走って

   帰ってきて報告したり(笑)感謝です。

 

(H)ヘンゼルとグレーテルのようにパンくずを落としていく

   イメージでコツコツと励ました感じかな。

(Y)もしくは罠にかかるスズメのように(笑)

   合わせて、色んな本も読むようになったよね。

(H)うん。

 

(Y)まずはやっぱり、村上春樹さんの

   「走ることについて語るときに僕の語ること」かな。

   折に触れ、読んでいたけれど、自分が実際に走ってみる

   ことで今までと感じ方が全然ちがってた。

 

   なかでも「もしそのころの僕が、長いポニーテールを

   持っていたとしても」という話が特にいいなと思う。

   ニューイングランドの四季の様子がそれはそれは美しい

   文章で綴られています。いつか行ってみたいな、と。

 

(H)けがや痛みで走るの諦めてしまっている人には

   ククゼラさんの本「最高のランニングのための科学」

   もオススメしたい!読んでみたらとっても良かった。

   邦題だと堅い印象だけど「ケガのしない走り方、歩き方」

   のちょっとしたコツが著者の実体験をもとに書いてあります。

 

(Y)本屋さんで、Hさんは、またなんだか難しそうな本をチョイス

   してるぞ、と(笑)

   開いてみたら、色んな事を実感を交えて丁寧に解説してあり

   ずいぶん参考になっています。

   あとは、オリンピックで大活躍された大迫傑さんの

  「走って、悩んで、見つけたこと」

(H)マラソンをあんなに一生懸命みたの初めてだったね。

 

(Y)面白かったよね!

   本を読んだら、若いのに偉いな~!と感心するばかり。

   いやいや感心ばかりしてる場合じゃない!

   まだ遅くない、私も改めて頑張ろうと。

   子供にとってもためになる事もたくさん書いてあります。

 

(H)いや~耳が痛いわ~!とか言ってたよね(笑)

   あと、オレゴンにお住まいなんだよね。

   オレゴンといえばポートランド。

 

(Y)ポートランドには素敵なお店がたくさんあることは、愛読している

   歩粉さんの「ポートランド&バークレー案内」で知っていたけれど、

   走るという目線で捉えるとオレゴンにも行ってみたくなったよね。

 

(H)大迫さんはまた走り始められるとのことで、とっても楽しみですね。

   それから、松浦弥太郎さんの

   「それからの僕にはマラソンがあった」

   Yさんの走り始めの心境と近いよね。

 

(Y)あんなに大変な状況ではないけれど、弱っている時に走ってみる

   という判断も、決して間違いではないんだなと後から思いました。

   出張前、本屋さんで何気なく手に取って、行き帰りの新幹線で

   引き込まれるようにして読みました。

 

   これらの本達は隙間時間に読むために、並べておいて

   いるのですが、それをちらっと目にする度に、

   ああ、走る事が日常になっているんだなぁとハッとします。

   どの本も、いつ開いても元気が出てきたり、

   解決方法を考えるのに役に立っています。そして

   モチベーションを保つのにとても助かっています。

 

(H)本って開いた箇所を読むんだけど、

   その度に発見があるし、体調や今の状況で

   感じ方も変わるから何度みても飽きないよね。

   それは同じコースを何度も走っても飽きないような

   感覚と近いのかも。

 

   それにしても

   日々の「運動」が暮らしと地続きで、

   相性が良いとは目からうろこだったよね。

   衣食住とはいうけど、そこにに「動」を加えてみたり。

   衣食足りて礼節を知るように運動があって

   心も豊かになると思う。

 

   それで、(Y)さんにぜひ試してもらいたかったのが、

   まっとうなスポーツウェアです。

 

(Y)衣食の衣を運動に重ねると、ジョギングウェアを着たことも

   なく、ショップに行く勇気もなく、、しばらく普段の服と靴を

   履いて走っていました。

 

(H)これでいい!と恥ずかしがって、スポーツウェアやシューズを

   取り入れようとしなかったよね。頑固でした。

(Y)すみません(汗)普段の服の延長線上で選べて楽しめる

   スポーツウェアがあったら良いのになと思いました。

 

   【Episode 4】につづく